the-eskimore.com


インソールとブーツチューンのエスキモーです。
ブーツチューンやインソールの製作は、
貴方の足を知る事から始まります。


eskimore made comform'able de sidas custom insole by modulo concept,
with windlass mechanism plus eskimore method.

インソールとブーツチューンのエスキモーのサイトへようこそ!

貴方の足は元気ですか?ブーツの調子はいかがですか?ターンの質はどうですか?カービングとスキッディングを自在にコントロール出来てますか?インソールとブーツチューンの(エスキモー)では貴方の足とブーツとターンの為のTune Upを行っています。現代人の骨格は様々に歪んでいます。足(脚部)に至っては個人個人の歪みの特長は明確に区別できます。外反母趾、開帳足、扁平足、外転、内転、回内、回外、ハンマートウ等。その特長により得意な動作、不得意な動作が顕著に表れます。もちろんスキーの動作においても得意、不得意なターン、スキーのズレや引っ掛かり、ましてはブーツとのマッチング(フィッティング)の悪さ等から調整が必要と考えています。痛み、緩み、シビレ、冷え、方向性のズレ、カント調整、前傾角、足裏の傾斜角等があります。ブーツの調整は痛みや緩みのフィッティング部門と、踏みやすくする伝達性の改善のチューンナップの部門に分かれます。どちらかひとつだけをとはいきません。それぞれを組み合わせてトータルに仕上げます。既存のブーツは、製品としては素晴らしい出来ですが、個々の足に対してはまだまだ未完成!Tune Upが必要です。今までずれていたターンが切れのあるカービングターンに!ブーツをTune Up。もっと足をいたわってもっといいスキーを楽しみましょう。ブーツも足も甦りターンも鋭く生まれ変わりましょう。

カスタムメイドインソール(足底板)はチューンナップの要です。SkiBoots,SnowBoard(アルペン、フリースタイル)スキーボード、ファンスキー、テレマークスキー、ノルディックスキー、スケート(アイス、インライン)、ホッケー、バイク、トレック、ゴルフ等・・・あらゆるスポーツ用のシューズ(靴)テニス、サッカー、フットサル、ベースボール、自転車、エアロビクス、バスケットボール、バレーボール、テーブルテニス、スカッシュ等に使えます。一度お試しを!

STEP 1

エスキモーのブーツチューンの基本!まず最初に貴方の足とブーツ(靴)を拝見。フットプリントにて足跡を採取、土踏まずの形を基本に回内、回外、内転、外転(扁平足やハイアーチ)、などの貴方の足の癖やタイプを診断いたします。
新規購入アドバイス、持込ブーツも承ります。

STEP 2

次に問診に入ります。貴方のブーツ(靴)の不満(痛み、キツイ、緩い、伝達性、カントポジション、前後のポジションなど)ブーツチューンの内容(痛いのを解消するためのフィッティングや伝達性や操作性のアップを目指すTune Up など)希望などを相談。eskimoreの提案も提示。

STEP 3

足の特徴・ユーザーのスタイル・フットプリントなどのデーターを活用し、カスタムインソールの製作に入ります。06’シーズンよりインソールはModulo Concept 導入となりインソール自体の仕様自体をカスタムデザインします。

STEP 4

最初の採取したフットプリントや、足の診断で知り得た情報を元に、ブーツチューン開始!まずはシダスのモジューロ・カスタムメイドインソールのシステム・アップ。モジューロ・インソール組上げ後、HD・バキュームマシンによる、ウィンドラス成型+eskimore Methodでインソールのかたどり。足を補正しながら成型する。

STEP 5

トリッシャムという足の裏の3D的なコピーを採取するものを導入。これに石膏を流し込み足のモデルをつくる。この石膏足を元にインソールを作るバージョンも07’シーズンよりはじめました。バキュームでのかたどりと石膏足でのかたどりには違いがありますので、足によって使い分けます。

STEP 6

かたどりをしたモジューロ・インソールにブロック加工を施す。このモジューロ・インソール・ブロックタイプにより、足のアライメントの補正、カンティングの調整、センタリングに必要なフットベット(インソール)の製作。

STEP 7

ブーツのシェルの加工。シェルのラストの調整、足のアライメントをモジューロ・インソールでの補正と、シェルのセンター出しによる縦軸方向の補正をする。最後に最終的なカント調整などを致します。

STEP 8

インナーブーツの調整や、フォーミングインナーブーツの製作を行います。最新のフォーミングのトレンドは、足の運動の動きを生かした方法になってきています。インナーブーツの製作&調整は多様になってきています。フォーミング、サーモ系、ノーマル(純正)のパット調整など。

STEP 9

Boots のTest 。試し履きのちカント確認。フィーリングのディスカッション。最終調整。引渡し。

*notice*

Step1〜8のブーツチューンは、ほんの一例です。しかもスキーブーツのフルチューン、又はフォーミングwithフルチューンの例です。スノーボード・アルペン、テレマーク、山スキーブーツ(兼用靴)のPUのシェルを持つブーツにも適用できます。また、その他のアウターを持つブーツ(スノーボード・フリースタイル、フォーミングでないインナーブーツ(ノーマルやサーモインナー)でのブーツチューンも可能です。一般のシューズや、スポーツシューズでは、足のリサーチ(診断)とモジューロ・インソール(プレーンタイプ・ブロックタイプ)の製作と、歩行時のアドバイスをしています。