シダス カスタムインソールの効果とフォーミング

ブーツチューンのエスキモー。RLやファルコン、レーステック、アグレッサーにフォーミングのインナーブーツの製作。まず、カスタマイズしたシダスのインソール(ブロック加工タイプ)を製作。さらに足の特徴(癖や形)を基に、シェルに加工を加え、最後に、フォーミングの作業をする。フォーミングの作業中でも、カンティングはほぼ完成されている。フォーミング作業完了後、さらにカンティングの補正を施し、完了!

外反(扁平足)の足インソールなしで直立。アキレス腱がくるぶしより下方向で八の字のように開いている。インサイドのラインも膨らみ気味。

カスタムインソールを製作時にHDバキュームで踵の外反を補正しながらモジューロ・インソールのかたどり。

外反の足のカスタムインソール製作。土踏まずのアーチが低い。また、ヒールの厚みをもたせ、甲、すねのフィット感をアップ。遅れ気味のポジションも補正。

かたどり後のモジューロインソール。これからブロック加工が・・・

ブロック加工後のモジューロ・カスタム・インソール・ブロックタイプ

インソール製作&シェル加工をへてフォーミングのインナーが装備される。

いよいよフォーミングの準備完了!

素足にパッティング+トゥキャップ+ソックス。インナーブーツの圧力の変化をコントロールする。

ビニールのソックスを履いて、ブーツに足入れ、これがちょいとしんどい。

タングの調整が一苦労。

タングへのフォーミング。まずこれからやっちゃうのです。

フォーミングの液の状態を診ながら、注入のコントロール。そろそろホースを抜く所。

あとは本体へのフォーミング。

できました。一通り注入終了。15分程度我慢で立っていてもらいます。