ZipFit World Cup Limited Edition

ZipFitは、カスタム・モールドのための足型成形素材として、巧みにコントロールされたモールディング・コンパウンド を本体とタングの両方に使用し、モールドが自動的に行われる、サポート性と快適性に優れたインナーブーツ。 ZipFitのモールディング・コンパウンドは加熱しても硬化せず、粘度を保持。 ZipFitは、モールドのときにPUフォーミングのように圧力をかけないため、足と脚の血液循環を妨げず、鋭敏な足の感覚を保つことができます。 いったんモールドされた足型は、スキーのダイナミックな操作によって足型が変形することはありません。 ZipFitのフィッティング・システムは、パテントの 『コルク・フロー』 テクノロジーでコントロールされ、他社のあらゆるタイプのサーマル・システム(サーモ・インナー)とは異なる。

ワールドカップエディションの写真はまだないのだけれど、試作品のショットはある。あくまでも本製品ではない。が、赤いライナーは本物だ。

ま、簡単に言えば、加工の工程はサーモとほぼ同じ。ただ膨らむ訳ではないし、押しつぶす訳でもない。要はあんこを流動させるのだ。

これはサンプルの画像。本製品は異なるので。赤い部分は赤で仕上がる予定。爪先の仕様もかわるかも。

タイトでナローなシェルを選択した場合、フォーミングするほど隙間がないブーツで、デフォのインナーでは、ちょいと柔らかく心もとない時は、Zipお勧めです。