フォーミングをしたラングのブーツ達

フォーミングインナーブーツにてチューンナップしたブーツ達。ラング編

ブーツチューンのエスキモーではフォーミングのインナーブーツを製作しています。当然インソールはカスタムインソールを製作。フォーミングでフルチューンのタイプではシェルのチューンも仕上げた後フォーミング作業に入ります。Lange+sidas foaming+Custom made insole BlockType、カナリのもんでしょう。ノーマルのインナーBootsでは味わえない絶妙な履き心地を体験できます。また、操作性や伝達性、スキーの安定感もフォーミングならではの充実感です。フォーミングの方がかえってラクと言う意見もあります。

2011からラングも、本気モード!いいシェルが出てきたよね。これはシェルの絞りチューン。踵周辺がタイトになる。

フォーミングは、やっぱりシダス。絞ったシェルにフォーミング。細い足なんすよ。

完璧!ソックスもソロ・ソックスでグッド!

フォーミング直前の図。これからタングのフォーミング作業。タングの後に本体のフォーミングをする。

トランスフォームコンペラング+ブースターストラップ。

アッキー先生のラングでした。

Lange シェル加工中! with Cinderella Fit.

FGプロの関山さんです。

FGproのフォーミングです。

トランス・フォーム、フォーミング中。フォーム液の注入が終わったところ。柔らかいシェルにはクランプをかまし、横方向への変形を防ぐ。

2010シーズンのAKKYの勝負ブーツ完成!この先生。てんちょ〜が休みの日にリクエストしてくるなぁ〜。

左足のみボトムアップという、イレギュラー品。実は訳ありなんすよ。

これはシダスのニュータイプのフォーミングインナーブーツ。トランス・フォーム・コンペとラングのシェル。

今までのシダスのフォーミングとはちょいと違いがあります。ホースの付いてる場所が変わりました。という事は、フォーミングの作業の手順自体も変わってきます。

WC140HPだったっけ?このブーツのノーマルのインナーは狭いシェル用の設計みたいでした。

このタング、いつものシダスのタングとはちょいと違い。細いホースの付いてる場所が違ってました。何か今後のニュータイプの予感がしました。普通にできましたけどね。

このブーツは女性でした。シーズン中2回ほど送られてきて。フレックスを柔らかくしてとリクエストがきました。ちょいとシェルは硬いイメージでした。

フォーミング中に、液の圧力でシェルが膨らむのを防ぐ為、クランプで押さえます。

フレックスのソフト化は分解してロアシェルの踝の脇のカーブを深くします。レスポンスのタイミングを遅くするには、新たに後ろにスリットをいれました。

出来上がり〜ぃ。かぐらのAKKY先生です。

これは120かな。黒いけどいちおうスケルトンです。ケッコウいい色でした。カタログよりかっこよかったですよね。

これは珍しくFGのフォーミングインナーです。タングがフォーミングではありません。

びっちびちにバックルを閉めてほしいとのことなので、クランプは使いませんでした。FGの場合、外皮が牛革なのでガスが溜りませんのでシェルが膨らむことも少ないのですね。

RL11もたくさんやったっけね。

かぐらの先生のブーツです。

アキレス腱のところ、細いですね〜。

これで07’シーズンはいいご指導?いい仕事が・・・・・?