ブーツチューンのエスキモー。サロモンブーツでのフォーミングも増えてきました。


これはX3のカスタムシェルのタイプ。カスタムシェルでも、普通にシェル加工します。足で変形させるなんてやらないすよ。

X3Labにフォーミングっす。

X2Labに、トランス・フォーム・コンペ。

トランスフォームは、チューブの付いている所が違うのです。踝のちょいと前の上にあります。出口はアキレス腱の所。

フォーミングのやり方が違うのですけど、ちゃんと出来ちゃいますな。

タングもフォーミング。アキレス腱の押さえもいい感じ。

ブースター着けて完成!実はこのブーツ2010シーズン大活躍!大会でいい成績続出。

1番右はファルコンのX2にシダスのフォーミング。右から2番目はファルコンXRにシダスのフォーミング。共にタングもフォーミングのコンペフォーム。

これは、09のXR。シェルはミディアムシェイヴなので、以前のタイプより広め。ゆるいと持ち込まれ、シェルのシェイヴとタイトなフォーミングをする。

かなりぴっちりフォーミングした。

なつかしの穴あきのX2。

寒いが辛いので穴塞いでつくったっけ。

これはX3。X2とはまるで違うシェル。

ファルコンのJP。

07’のファルコンのS-lab。

このブーツはフォーミングした。

一緒に滑った。

Falcon XR Japan eskimore version + Sidas Pu Comp Int。細いホースが3本あるでしょ。そう、これはタングもフォーミングなんです。